michiho's Tsukiji Life
by michiphoto
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お知らせ
スタジオ往来
いつまでたっても製作中のホームページ。
2001年から2007年までの引っ越し日記などを収納。
時々まとめて写真を更新。

すまいと
お仕事。
建築家との家づくり応援サイト。

BOOKLOG
読んだ本、見た映画、聴いた音楽。現在休憩中
ブログパーツ
ライフログ
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

メキシコ メキシコシティ3-1 サテライトタワー
本社の部署のひとつと一緒になっての新会社設立、による名刺、封筒、パンフレット、WEBの作成や修正を会社2つ分、事務所内引っ越し、そして新しい住宅ローン商品のスタートが重なって、Golden WeekはGolden workだった。
昨日ようやく一山越えたと思ったのに、まだ次の山があったことに気づいたのが今朝。がっくり。

引っ越しを明日に控え、久しぶりにのメキシコ旅行記を更新して気分転換を試みる。

本日はH.I.S. の『ルイス・バラガン建築サテライトツアー4時間コース』
サテライトタワー、ベベデロ噴水、ロス・アマンテスの噴水、サン・クリストバルの厩舎といった郊外の建築を廻ることになる。
参加者は私ひとり。
迎えに来てくれたガイドのお兄さんは、昨日のガイドさんと違って随分と勉強されているようで、ガイドブックなどには書かれていない情報も豊富に披露してくれる。
車中は和やかで楽しい雰囲気となり、参加者が私ひとりということで、見学時間に融通が利くことになった。
よし、さすが二人分の料金を払った価値がある。
(こんなことなら昨日のツアーもH.I.S.にしておくんだったと大いに後悔もしたが。)

渋滞の始まったメキシコシティの中心部を抜けると、幹線道路の反対車線はシティに向かう車で大渋滞していた。
その向こうにそびえるサテライトタワー。

早朝なので、空は青く、遠くまできれいに見通せるが、帰宅ラッシュの頃になると排気ガスで灰色の風景になってしまうそうだ。
(本当にその通りで、帰路の空は灰色、シティの方はぼんやりと煙っていた。)
f0024002_21585747.jpg


見る角度によって、様々なシルエットが見られると聞いていたけれど、確かにその通り。
スケールが大きいだけに、その変化が劇的に感じられる。
鋭角な部分は切っ先をこちらに向けるように聳え、面の部分は、何度も塗り重ねられた塗装の厚みを見せつける。
5本のタワーは気づくと1本見えなかったり、ひとつの塊のように見えたりするのも、なかなか楽しい。
f0024002_2201413.jpg

f0024002_221691.jpg

f0024002_2212131.jpg

タワーそのものには、電波や排気や照明といった実用的な機能もない。
中央分離帯にドカンと立つ巨大なオブジェ。
ただただメキシコシティを象徴するためだけの。
だから、当たり前といえば当たり前かもしれなが、ここは公園らしい雰囲気もなく、ベンチもなく、緑もない。
バラガン建築見たさに地球を半周して来る者がいる一方で、朝の散歩をするおばあさんや、本を読んでいる若者や、早朝から楽しそうに談笑するおじさんたち(お酒飲んでる?)がいた。
その両脇は、車が濁流のようにドロドロドロと走って行く。
まるで愛想のない場所だ。
それが妙に親しみ深い気持ちにさせてくれるのは、清濁がバランスよく混ざり合っているからだろうか。

とややこしく考えそうになったのだが、ふいにこのタワーは何かに似ていると思った。
そうだ、万博記念公園の太陽の塔だ。岡本太郎だ。
立地条件がまったく違うが、醸し出すエネルギーが似ているような気がするのだ。
どうだろう?

f0024002_2215183.jpg
ベベデロ噴水の裏側










f0024002_222238.jpg
これもバラガンの噴水。
水が枯れているのが惜しい。
しかも落書きがいっぱい。







さっ!次はサンクリストバルの厩舎へ向かいます。
[PR]
by michiphoto | 2010-05-13 22:18 | 旅はmichiphoto