michiho's Tsukiji Life
by michiphoto
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お知らせ
スタジオ往来
いつまでたっても製作中のホームページ。
2001年から2007年までの引っ越し日記などを収納。
時々まとめて写真を更新。

すまいと
お仕事。
建築家との家づくり応援サイト。

BOOKLOG
読んだ本、見た映画、聴いた音楽。現在休憩中
ブログパーツ
ライフログ
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


役得
ともだちのともだちのしりあい、というつながりで、
銀座の鮨屋さんのHP用写真を撮ることになり、先週末行ってきた。
大将は有名店で修行したあと、独立。私より若い。
ランチ終了直後、店には河岸の大将っぽい男性2人が気心知れた感じで飲んでいて、
銀座の鮨屋さん初体験(打ち合わせを入れると2回目だけど)の私としては、
ちょっとホッとするシチュエーションだった。
f0024002_1722963.jpg

「せん」という木の一枚板のカウンター。
ネタケースはなく、落合さんとのやりとりを楽しめる。

f0024002_17234896.jpg

ランチメニュー。
どれもこれもとても美味。
トロは溶ける、イカは歯ごたえの中に甘みがぎゅっ、海老はぷりぷり。
ボキャブラリが少ないので、これ以上書けない。
シャリが小さ目なので、ネタの味を堪能できた。
(つまり撮影が終わると、どんどん私の口へ入っていった。役得。)

f0024002_17274596.jpg

太巻。
巻くところを見ていたけれど、なんであんなにササッと巻けるのか。
手に持って崩れず、口に入れるとほどける感じ。
選りすぐりの具材は、それぞれが順に味を主張してきて美味しい。

f0024002_17301344.jpg

穴子。私の大好きな穴子!
塩とタレの2種で。

f0024002_1731169.jpg

悶絶しそうなマグロの生ハム。
魚でありながら肉!
肉でありながら魚!
ビールでも日本酒でもワインでも合う。
超絶品。

f0024002_17332720.jpg

で、ワインを注いでもらう私。

f0024002_17342760.jpg

こちらも超絶品のカラスミと鮪。
カラスミはねっとりやわらかく、驚くほど塩味が少ない。
こんなカラスミ、初めて食べた。

f0024002_17362846.jpg

白子ポン酢。

f0024002_1737571.jpg

鮪と葱。

f0024002_1738510.jpg

鰹。おろし玉葱で。


午後2時から撮影し始めて、5時にはほぼ終了。
その後薦められるままに飲んで食べて飲んで食べて気付けば午後10時。

近所にこんなに美味しくて気さくな店ができてしまって、
帰りにふらっと寄ったりしそうなキケンが。。。
[PR]
by michiphoto | 2008-11-10 17:49 | 目は口ほどに


べったら市
10月に行われたべったら市。
名前しか知らなかったこの祭に、Helmets Laboの大川さんと佐々木さんに招かれた。
初日の日曜日、自転車で向かうと日本橋近辺は閑散としていた。
本当にあの有名なべったら市が開かれているのか?と思うほどに。
けれど、閉ざされたオフィスビルのエントランス前で焼きそばなどの屋台メニューをほお張る人がちらほら見られるようになった途端、ずらーっと提灯と屋台が並ぶ通りに出た。こりゃすごい。
Helmets Laboは参道の入口に位置している。
f0024002_19171327.jpg

Helmets Labo2階より、佐々木さん越しに参道が見える。


f0024002_19325393.jpg

町内半纏を纏う大川さんと佐々木さん。
ここの半纏はお江戸らしい茶目っ気があって、ちょっと羨ましい。
半纏を着て歩いていると、町会の人からよく声を掛けられている。
事務所が移ってきて2ヶ月ほどなのに、すっかり街の人だ。いいなー。


f0024002_19235612.jpg

Helmets Labo前に店を開けた七味唐辛子のテキヤのお兄さん。


f0024002_19283961.jpg

スルメがのしいかになるところを初めて見た。
あの機械、ほしい・・・。


f0024002_19475667.jpg

おでん。
f0024002_195013.jpg

佃煮。
f0024002_19542525.jpg

チキンとカメラを覗き込む佐々木さん。

f0024002_1956263.jpg

そして三越がどーん。
[PR]
by michiphoto | 2008-11-07 22:56 | 目は口ほどに


建築技術
友人から、とても面白いものを教えてもらった。

http://blogs.yahoo.co.jp:80/poppin_96/45173075.html

そうきたかー。
その発想力も技術力も凄いよ、ドバイ。
[PR]
by michiphoto | 2008-11-06 18:24 | 日々是脱線


花を食べる
秋田の友人から新米、野菜、豆、キムチなどがダンボールいっぱい届けられた。
f0024002_1334280.jpg

左:自然農法で育てられたササニシキ。玄米で。ものすごく美味しい。
  あれほどパン党だった私が米党になった。
  ナチュラル・ハーモニーで販売しているが、すでに完売したという。
  貴重な1袋をありがとう。
中:蕪と人参。ほかに大根も。大根はすでに半分は胃の中へ。旨~い。
右:手作りの菊の甘酢漬け。

この菊の甘酢漬けが、ほのかに苦味が感じられて絶品。
色の鮮やかさも、深い味わいも、今まで自分がつくっていた料理にはなかったものだ。
生の菊の花も大量に入れてくれていたので、電話して秘伝のレシピを教えてもらい、
つくってみた。
f0024002_13105396.jpg

レジ袋いっぱいだった菊の花は、小さめのタッパー2つに収まってしまった。
3日後くらいからが食べごろと聞いて、冷蔵庫に寝かせてある。
秋田では常温で保存するという。

私も春のらっきょう・生姜、夏の梅、に引き続き、秋の菊、
と四季折々に保存食づくりをしたい。
けれど、食用菊ってどこで手に入るのか?
菊花祭や道端に咲く菊を見て、「美味しそう・・・」とか思いそうだ。

菊にしろ、菜の花にしろ、花のもつ苦味は、季節が限られているせいか、後ひく味だ。
菜の花も同じレシピで甘酢漬けにしたら美味しく長く食べらるんじゃなかろうか。

よし。今週末はやっちゃ場に行ってみよう。
[PR]
by michiphoto | 2008-11-05 13:37 | 大器晩飯